一般人がインターネットを利用する場合、光ファイバー回線で接続する為には、まずプロバイダーと契約する必要があります。

契約が成立すると、そのプロバイダーは当該プロバイダー会員のみに、アクセス権を与えます。

更には、ネットワーク回線を通じてアクセスして来た通信データーを、それぞれ目的のサーバーに向けて中継する事もプロバイダーの重要な役割です。

しかし、プロバイダー以外にもコストが掛かっているという事実は、一般的には知らされていません。

そもそも光ファイバー回線は、パソコンのある屋内のONUと呼ばれる装置からプロバイダーまで伸びる回線迄を指しますが、その使用料金が必要になります。

つまりこの光ファイバー回線の使用料金と、プロバイダーの使用料金を加えたものが、インターネットを利用する料金という事になる為、月々個別に支払う事が必要でした。

また、この事実はなかなか、インターネットに不案内な人に理解し、納得して貰うのはなかなか大変です。

何故なら一般人には、インターネットを利用する料金は、全てが合計されて一つに纏められているのが一般的という考え方をするからです。

しかしこれが出来ていなければ、一般ユーザーに対して要らぬ誤解を与えかねません。

そこで、前述した全ての料金を一括で纏めてわかりやすくし、更にリーズナブルな料金で利用出来る様にし、光ファイバー回線を利用したのがクイック光です。

クイック光で使用されている回線は、固定電話等でお馴染みの、NTT東日本とNTT西日本が持つ回線を利用しており、安心感のある光ファイバー回線です。

また、速度も下り・上り共に最大スピードはおよそ1Gbpsですから、人気動画サイト等をストレス無く閲覧したい一般ユーザーには、向いたサービスと言えるでしょう。

また、ビジネスでの利用でも、クイック光の安定性は頼りになる存在です。

既に従来のNTT東日本とNTT西日本の回線を導入済みという場合には、スピードや品質が変わらないので、環境が変わる事によって生じる問題を心配せずに済むメリットは、小さくありません。

クイック光にして変更される所と言えば、支払い請求会社が変わるので、心配であれば、契約をする前に電話をして、確認しておくと安心感も違ってきます。

また長期プランを上手く利用すると、更に安価になるので要チェックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です